読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「S.M.A.R.T.」エラー

デスクトップパソコン格闘記。どうもメモリかハードディスクがいかれているのではないかという予想を立てた僕は、とりあえず2つ挿しているメモリを外してみたりして起動を確認してみたが、どうも症状に変化がない。

そこでネットで検索していると、こういうソフト群があることを知った。

パソコントラブルと自己解決‐「Ultimate Boot CD」(UBCD)
「Ultimate Boot CD」の使い方 - パソコントラブルと自己解決

これで、メモリの診断やハードディスクの診断もできるというスグレモノ。さっそくこのCDを作成し、コンピュータをチェックしてみた。メモリのチェックでは「memtest86+」というソフトを使ってみた。が、メモリにはどうやら不具合はないらしい。次いでハードディスクのチェック。このチェックには「Drive Fitness Test」というソフトを使った。1時間弱ほどかかって「Advanced Test」というのを行った結果、「0x72」というチェック結果が、赤い背景の画面とともに現れた!

このエラーコードの意味も、以下のサイトで説明されている。

パソコントラブルと自己解決‐「Drive Fitness Test」エラーコード一覧
「Drive Fitness Test」エラーコード一覧 - パソコントラブルと自己解決

これによると、「Device S.M.A.R.T. Error」というエラーらしい。これをググると、どうやらこのエラーはハードディスクが壊れかかっているということで、復旧の見込みはないらしい。「HDDの遺言状」なんて記事を書いてるサイトもあった。

つまり、今回のトラブルの原因はハードディスクの寿命による老衰ってことらしい。

もう7年、メインマシンとして使っていたからなあ。これまで、特にさしたる問題もなく動いてきてくれたことに、むしろ感謝しなくちゃいけない。とはいえ、今、後継機を導入するほどの予算の余裕はない。少なくとも来年度に入る頃までは、去年研究費で導入して今代替でメインマシンとなっている、このブログを書いてるノートパソコンとともに、デスクトップとして稼働してもらいたい。

そこで、内蔵HDDを入手してHDDを換装することに決定した。昨日は電気屋まで行ったのだが、いろいろあって購入には至らなかった。明日には都心に行く予定があるので、その際に購入しようかと思っている。