中国地方の旅(その1)美作滝尾駅

これ、もう結構前に行った旅の写真なんだけれど、せっかくなんでぼちぼちアップしていくことにした。よって、もしかすると現況と異なる可能性もあり、ということでひとつよろしく。実はこの旅、18きっぷを使ってひたすら西へ向かうという旅行だった。当日夜…

因幡国府とその周辺(その2)

因幡国府は大伴家持が万葉集最後の歌を詠んだ地らしく、それにまつわる歌碑があった。 この歌碑群のうち、真ん中の大きな古い歌碑が家持の歌碑らしい。「天平宝字三年春正月一日、因幡国の庁にして、饗を国郡の司等に賜へる宴の歌」として、「新しき 年の始…

因幡国府とその周辺(その1)。

こないだ新シリーズを始めたばかりなんだけれど、前の分が残っているのを忘れてた。ということで、これとあと餘部鉄橋、京都で終了の予定。この行程は、松江から鳥取まで。途中の米子駅では、ねずみ男自販機とねずみ男売店を発見。

中国地方の旅その1:津山への鉄路

月も変わったことなので、今日から新シリーズ。去年の夏、相方さんと津山と瀬戸内を旅行したので、その写真と旅の記録を紹介していくシリーズ。今回の旅は、18きっぷを使って東海道・山陽線を西行するという、まとまった休みがなければなかなかできないこと…

松江城登城その3:天守に登る

ずいぶん前に二の丸までたどり着いておきながら、天守編をアップしてなかった。そこでこのたび、半年ぶりに本丸・天守編をアップ。この入口を抜けると本丸。昔訪れた時、本丸は有料だったような気がしたんだけれど、どうだったかなあ?

尾張名古屋を巡見する。

先週は、火曜から木曜まで名古屋を中心に巡見旅行に行った。僕は火曜午前中は授業なので、この日の夜から参加した。今回はJR東海ツアーズが発売している「ぷらとこだま」を使った。これは知っている人も多いと思うが、こだま号指定席をツアーとして販売する…

京都と大阪に出張(後編)

今回の関西行きは、土曜に京都で行われる講演会を聞くのと、日曜に大阪で開かれる学会に参加するため。西本願寺を見学したあと、お昼をと思い近所の食堂に入る。「相生餅」という名前の食堂。この名前、京都でよく名前を見かけるような気がすると思い、戻っ…

京都と大阪に出張。

この土日、大阪での学会と京都での講演会を聞きに関西方面へ行っていた。といっても今は何にも研究費もらってないから自費だが。二日間ほとんどフル稼働みたいな感じの、けっこうハードなスケジュールだった。JR東海ツアーズのパックなもんで土日での一泊二…

松江城登城その2:二の丸をめぐり往時を偲ぶ。

山陰旅行シリーズ。二の丸は、江戸時代には御書院という御殿があったところだ。江戸時代初期には御殿として使われていたようだが、さすがに丘陵中腹の立地で規模が小さいためか、三代藩主以降は藩主居所としての機能は別のところに移ったようだ。その後はお…

松江城登城その1:二の丸手前まで

山陰シリーズの再開。寝台列車で現地入りしたにもかかわらず自転車爆走で巡見するなど、前日は少し無理をしすぎたので、翌日は少し抑えめの予定にする。朝風呂の大浴場からも、朝食会場のレストランからも、朝日に輝く宍道湖が一望できた。その贅沢な景色を…

出雲風土記の丘と出雲国府跡周辺。

出雲大社周辺の巡見を終えたのち、一畑電鉄に乗って松江しんじ湖温泉駅へ向かった。途中、一畑薬師や鰐淵寺にも寄りたかったのだが、時間の関係で今回はパス。駅から歩いて数分のところにある宿に荷物を置き、そしてそこでレンタサイクルを借りて、一路、出…

出雲大社とその周辺(後編)。

2007年にできた島根県立古代歴史文化博物館。 入口までの長いアプローチは、大社本殿の古図にある「引橋一町」をイメージしたものだという。この博物館は、すでに紹介した出雲大社境内出土の宇豆柱を中心に、神社はもちろん、荒神谷遺跡など出雲地域の著名な…

出雲大社とその周辺(前編)。

サンライズ出雲は終点の出雲市まで乗車した。出雲大社が最初の目的地だったのである。終着の出雲市駅で一畑電鉄に乗り換え、出雲大社を目指す。電鉄出雲市駅は高架化されていて近代的な施設だった。前に来たっけなあ?

サンライズ出雲に乗る(後編)

関ヶ原の辺りで一度目が覚めた。米原を過ぎてもう一度眠り、次に目が覚めたのは上郡だった。停車だったか発車だったかの時の衝撃で目を覚ました。5時49分。それから約40分で岡山に到着。ここで出雲と瀬戸を切り離す。その作業を見ようと、岡山のちょっと手前…

サンライズ出雲に乗る(前編)

最後のブルートレインが東京駅に到着したその翌日、僕はサンライズ出雲に乗り山陰地方に向かった。今日はその乗車記を。実はこの日、クレジットカードなどの入ったカードケースを無くしてしまって、旅立つ前から暗雲が立ちこめていた。が、親切な店員さんが…

葬儀。

通夜 駅には妹が車で迎えに来ることになっていたが、僕が下車した頃にはまだ家を出るか出ないかという頃だったので、駅前の西友に寄って香典袋などを調達した。この西友、できたばかりの頃は、まるでこの街にデパートができたかのような雰囲気と品揃えだった…

訃報。

深夜のメール 火曜の夜。前日の高校3年の成績提出に引き続き、この日は朝から大学の卒論口述試験。試験では学生のためにレジュメを準備したこともあり、昨晩も布団では寝られなかった。ここ数日、たぶん2時間ずつくらいしか寝てなくて、だから火曜はようやく…

寝台特急はやぶさ号に乗る(その1)。

東京口の寝台特急が廃止されるという話は、実は去年の11月から一部マスコミには取り上げられていた。その頃から近々に乗車機会を狙ってはいたのだが、夏に九州に行く機会をつかまえて、寝台列車に乗車することにした*1。 *1:一部、以前に東京駅で撮影だけし…

新幹線0系さようなら。

ニュースでもけっこう取り上げられていたのでご存じの向きも多きかと思うが、東海道新幹線開業当時から走り続けてきた団子鼻の新幹線0系が最後の営業運転を終えた。実は僕は夏に乗車していたので、その時の写真をアップしておこうと思う。博多駅にて。

飛騨の旅(その2:止):飛騨の中世

飛騨を訪れるのは、実は2度目だ。1度目は、高校の修学旅行だった。本来中国に行く予定でお金を積み立てていたのだが、上海で修学旅行中の高知学芸高校の生徒が列車事故に巻き込まれ、40人以上が亡くなった。このためPTAが中国行きに反対して、急遽飛騨高山・…

飛騨の旅(その1):飛騨へのみち

翌日は、8時ちょうど発のワイドビューひだ6号名古屋行きに乗車する。

北陸の旅(その2):富山ライトレール

最近原油高や自動車社会への反省から鉄道の復権が叫ばれているが、日本においてその先駆けをなす取り組みとして注目されている、富山ライトレール。もう夜だったので乗車はしなかったが、富山駅で電車を撮影した。

北陸の旅(その1):立山信仰の故地を歩く

昨日まで、富山と飛騨に行っていた。僕は日本の全都道府県を通過したことがあるのだが、富山県にだけは下り立ったことがなかった。1991年の夏、初めて北海道を訪れる際、寝台特急トワイライトエクスプレスの車中から、夕暮れの富山の気色を眺めただけであっ…

寝台特急あかつきと島原鉄道の旅(その7:終)

下関で少し目を覚ましたけれど、すぐに眠りに就いた。やや疲れもあったせいか、けっこう熟睡していたようだった。目を覚ましたのは、西明石を過ぎたという車内放送再開の声だった。朝靄のなかに、明石海峡大橋の姿が見える。 その後車窓の景色を見ながらだら…

別れの光景。

対馬からの帰路にて。僕らが車を降りると、島の空港は僕がいままで見たこともないような混雑ぶりだった。中学生だろうか、あるいは幼く見えるが高校生なのだろうか。そのくらいの年頃の子どもたちに交じって、その親らしき年齢の大人もいる。最初僕は、修学…

国境の島へ行く。

22、23日に仕事をこなしたあと、24日から国境の島である対馬へ行く。今回は全島を縦断するような感じの調査だった。4年前の調査で行った地域の「その後」を垣間見ることもできたし、新たなネタも見つけた。そして何より、美味しい魚や鶏を堪能できたのはよか…

寝台特急あかつきと島原鉄道の旅(その6)

鳥栖に到着。鳥栖では、熊本からやってきて待機しているなは号との併合作業が行われる。あかつき号はまず3番に入線。一度客扱いをしたあとすぐにドアを閉め、1番線に回送する。そして1番線で、なはの京都方にあかつきを連結し、(←京都方)あかつき・なはと…

寝台特急あかつきと島原鉄道の旅(その5)

あかつきは20:10に諫早着。甥っ子は、短い寝台特急体験を終え、ホームで出迎えてくれた家族のもとへ。そして僕はそのまま見送られて京都へと向かう。一人になったところで、少し車内を探索。 B寝台は、こないだ乗った銀河とほぼ同じ。 この洗面台は、確かソ…

寝台特急あかつきとの個人的な思い出

長崎発着の寝台特急と言えば、やっぱりさくら、その次があかつきだろう。けれども僕にとって縁があったのは、どうやらあかつきの方だった。今日はあかつき最終の日なので、個人的なあかつきの思い出を記しておきたい。あかつきを最初にじっくり見たのは、た…

寝台特急あかつきと島原鉄道の旅(その4)

夕方、実家で夕食を食べてから諫早駅に向かう。当初僕は諫早駅から乗車するつもりだったのだが、まだ小さな甥っ子なら料金がかからず乗せてやることができるので、乗車変更をして長崎駅から乗車することにした。諫早駅18:35発のかもめ35号で長崎に向かう。…

寝台特急あかつきと島原鉄道の旅(その3)

加津佐で妹一家と祖母の到着を待つ。姪っ子が途中で気分悪くしたらしく、少し遅れているとのことだった。そうして待っている間にも、僕は甥っ子の手を引いてキハ20撮影に集中(笑) そうこうしているうちに、一台の観光バスが到着。何だろうと思ったら、乗客…

寝台特急あかつきと島原鉄道の旅(その2)

5日は朝5時半頃始動。今回泊まったカプセルホテルはお風呂・サウナが入り放題なので、駅に向かう前にひとっ風呂浴びてシャッキリする。博多駅まで歩いて2分もかからなかった。昨日の晩、ここら辺を彷徨っていたのはいったい何だったのかという感じだ。博多駅…

寝台特急あかつきと島原鉄道の旅(その1)。

仕事は相変わらず抱えたまんまなのだが、スケジュールをみると4日までと6日からという日程で短期の仕事が入っていた。ならば、ということで一計を案じ、廃止間近の寝台特急あかつき号の予約状況をサイバーステーションで調べてみた。すると、この時期なら案…

伝石田三成出生地。

姉川古戦場の写真は重複に気づいたので削除。で、かわりにアップしたのが石田三成出生地だという地に鎮座する八幡神社。五輪塔などの石塔群が残っていて、これが石田氏関連の遺物だと考えられているようだ。

琵琶湖を一周する。

今週は近江に巡見旅行に行く。安土城や大津の辺りには行ったことがあったんだけれど、近江の中世史跡を網羅的に見学したことはなかったので、またとない、いい機会だった。1日目は彦根からスタートし湖北をめぐる。まずは彦根城。今年は築城四百年祭で盛り…

谷川岳に行ってきた!

月曜に日帰りで谷川岳に登ってきた。メンバーは同じゼミの4人。早朝MAXときで東京駅を発ち、高崎で上越線に乗り換え、土合駅で下車。例のあの階段を延々と登り、ここからいったんロープウェーに乗車。標高約750mの土合口から約1320mの天神平まで約10分。そこ…

三島・沼津へ。

来週・再来週と土日は仕事になるので、時間のある今週のうちに相方さんとどこかに行こう!ということになったので、どこに行こうかと思案していたんだけれど、魚が美味しくて温泉もあってという条件を満たす、三島・沼津に行くことにした。起きるのが遅くな…

先週は大阪に。

先週の日曜は、学会に報告を聞きに行くために大阪に。5月末が長崎、その翌々週が京都だったので、いい加減土日が潰れるのにちょっと疲れてきていたんだけれど、さすがに報告が僕のやってることとガッツリという感じだったので聞きに行かないわけにはいかない…

京都へ。その1、東寺。

こないだも書いたとおり、京都に行ってきた。出身ゼミの合宿が京都での巡見で、ただの巡見ならもう今さら参加はしないんだが、日曜にえらい先生が現地を案内してくださるというまたとない機会だったので声を掛けてくれた。で、すでに就職した同期と二人、ち…

田園都市線に乗る。

今日はお仕事で田園都市線のあざみ野へ。そもそも、田園都市線なんてほとんど用がなくて乗ったことがない。別に用がなくても乗りたくなる路線はあるんだが、乗りつぶし欲から解放された今となっては、正直、田園都市線にわざわざ乗ってみようだなんて考えな…

銀河に乗車。

この日は寝台急行「銀河」で帰京。時間的には新幹線で帰京しても十分間に合ったのだが、どうもこのところ疲れているので、深夜に帰宅して朝きちんと起きられるかどうか自信がなく、むしろ早朝東京に着いた方が確実かなという判断。もちろん、ひさびさ寝台列…

京都へ。

一人の時間が多かったはずなんだけれど思ったほど時間は無く、仕事はちっとも進まなかった。相方さんがいないと、なんだかんだで家の中まわらないもんで、やっぱりいつものペースで暮らしているなかできちんと仕事をやっていくのが、一番能率も上がるんだろ…

京都に行く。

土曜に携帯から更新したとおり、土曜の夕方から学会に出るために、先輩とともに京都へ行った。行きは「ひかり早特きっぷ」という割引切符を使った。のぞみを使うより約2000円ほど安く行けた。京都では四条のこぢんまりしたビジネスホテルに宿を取り、そのま…

京都。

朝からの仕事を終えて新幹線に乗り、ただいま京都に滞在中。お仕事の方はあっさり終わったので、稼ぎとしてはともかく、やや余裕ができてよかった。ここ数日、ちょっとつらかったもんなあ。というわけで、トラックバックくださった件などはのちほど…

写真は…

写真は長野県・青木村の田沢温泉、ますや旅館。木造三階建てで、江戸末期の建築に増築を重ねたモノらしい。田沢温泉の景観的なシンボルともなっている。この旅館は、島崎藤村が宿を取り、それが「千曲川のスケッチ」のなかに描写されたことで知られている。…

別所平と田沢温泉。

というわけで、前に書いた記事の再現はあきらめて、また新しく記事を書き直すことにする。とりあえず、前には書いてなかった、先々週の日・月曜の旅行から。せっかく有休を取ったので温泉に行きたい!という相方さんのご希望で、どの辺りにするかを考えてい…

雪の弘前。

先輩の結婚式に出席するため、弘前に向かった。徹夜で仕事を仕上げ、23日の朝9時56分のはやて13号に乗車。一緒に行ったのは相方さんと先輩夫婦、それから同じころ在籍してて、今では会社を経営してる別の先輩。宇都宮を過ぎて急に雪景色になる景色などを楽し…

学園都市と田園都市。

昨日は相方さんとともに“小さな旅”。もう一つの目的は、お仕事のための調べ物なんだけど…まずは中央線に出て、国立へ。堤康次郎の「箱根土地株式会社」の軌跡を、国立駅からたどる。三角屋根の駅舎は国立の象徴なのだけれど、JRの高架化に伴い、存立の危機に…

晴海埠頭。

せっかくこんなところに来たんだからと、この辺をぶらぶらすることに。有楽町の辺りで、東京駅からやってきたバスに乗り、歌舞伎座の前を過ぎ、勝鬨橋を渡って晴海埠頭へ向かう。思っていた以上に立派な埠頭ターミナルビル。海の方に出ると、レインボーブリ…

東京ステーションホテル。

以前からここには泊まってみたいなと思ってはいて、ここでの結婚式にも出たことはあるんだけれど、東京に住んでるってこともあり、さすがに泊まる機会がなかった。でも、来年3月でいったん休館になり、建設当初の姿に復原することになっているので、ぜひその…