読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真

中国地方の旅(その1)美作滝尾駅

これ、もう結構前に行った旅の写真なんだけれど、せっかくなんでぼちぼちアップしていくことにした。よって、もしかすると現況と異なる可能性もあり、ということでひとつよろしく。実はこの旅、18きっぷを使ってひたすら西へ向かうという旅行だった。当日夜…

因幡国府とその周辺(その2)

因幡国府は大伴家持が万葉集最後の歌を詠んだ地らしく、それにまつわる歌碑があった。 この歌碑群のうち、真ん中の大きな古い歌碑が家持の歌碑らしい。「天平宝字三年春正月一日、因幡国の庁にして、饗を国郡の司等に賜へる宴の歌」として、「新しき 年の始…

因幡国府とその周辺(その1)。

こないだ新シリーズを始めたばかりなんだけれど、前の分が残っているのを忘れてた。ということで、これとあと餘部鉄橋、京都で終了の予定。この行程は、松江から鳥取まで。途中の米子駅では、ねずみ男自販機とねずみ男売店を発見。

中国地方の旅その1:津山への鉄路

月も変わったことなので、今日から新シリーズ。去年の夏、相方さんと津山と瀬戸内を旅行したので、その写真と旅の記録を紹介していくシリーズ。今回の旅は、18きっぷを使って東海道・山陽線を西行するという、まとまった休みがなければなかなかできないこと…

松江城登城その3:天守に登る

ずいぶん前に二の丸までたどり着いておきながら、天守編をアップしてなかった。そこでこのたび、半年ぶりに本丸・天守編をアップ。この入口を抜けると本丸。昔訪れた時、本丸は有料だったような気がしたんだけれど、どうだったかなあ?

松江城登城その2:二の丸をめぐり往時を偲ぶ。

山陰旅行シリーズ。二の丸は、江戸時代には御書院という御殿があったところだ。江戸時代初期には御殿として使われていたようだが、さすがに丘陵中腹の立地で規模が小さいためか、三代藩主以降は藩主居所としての機能は別のところに移ったようだ。その後はお…

松江城登城その1:二の丸手前まで

山陰シリーズの再開。寝台列車で現地入りしたにもかかわらず自転車爆走で巡見するなど、前日は少し無理をしすぎたので、翌日は少し抑えめの予定にする。朝風呂の大浴場からも、朝食会場のレストランからも、朝日に輝く宍道湖が一望できた。その贅沢な景色を…

出雲風土記の丘と出雲国府跡周辺。

出雲大社周辺の巡見を終えたのち、一畑電鉄に乗って松江しんじ湖温泉駅へ向かった。途中、一畑薬師や鰐淵寺にも寄りたかったのだが、時間の関係で今回はパス。駅から歩いて数分のところにある宿に荷物を置き、そしてそこでレンタサイクルを借りて、一路、出…

出雲大社とその周辺(後編)。

2007年にできた島根県立古代歴史文化博物館。 入口までの長いアプローチは、大社本殿の古図にある「引橋一町」をイメージしたものだという。この博物館は、すでに紹介した出雲大社境内出土の宇豆柱を中心に、神社はもちろん、荒神谷遺跡など出雲地域の著名な…

出雲大社とその周辺(前編)。

サンライズ出雲は終点の出雲市まで乗車した。出雲大社が最初の目的地だったのである。終着の出雲市駅で一畑電鉄に乗り換え、出雲大社を目指す。電鉄出雲市駅は高架化されていて近代的な施設だった。前に来たっけなあ?

サンライズ出雲に乗る(後編)

関ヶ原の辺りで一度目が覚めた。米原を過ぎてもう一度眠り、次に目が覚めたのは上郡だった。停車だったか発車だったかの時の衝撃で目を覚ました。5時49分。それから約40分で岡山に到着。ここで出雲と瀬戸を切り離す。その作業を見ようと、岡山のちょっと手前…

サンライズ出雲に乗る(前編)

最後のブルートレインが東京駅に到着したその翌日、僕はサンライズ出雲に乗り山陰地方に向かった。今日はその乗車記を。実はこの日、クレジットカードなどの入ったカードケースを無くしてしまって、旅立つ前から暗雲が立ちこめていた。が、親切な店員さんが…

寝台特急はやぶさ号に乗る(その1)。

東京口の寝台特急が廃止されるという話は、実は去年の11月から一部マスコミには取り上げられていた。その頃から近々に乗車機会を狙ってはいたのだが、夏に九州に行く機会をつかまえて、寝台列車に乗車することにした*1。 *1:一部、以前に東京駅で撮影だけし…

新幹線0系さようなら。

ニュースでもけっこう取り上げられていたのでご存じの向きも多きかと思うが、東海道新幹線開業当時から走り続けてきた団子鼻の新幹線0系が最後の営業運転を終えた。実は僕は夏に乗車していたので、その時の写真をアップしておこうと思う。博多駅にて。

「めぞん一刻」の故地を訪ねて。

実はここ最近、「めぞん一刻」熱である。もちろん、いまさらはじめて読んだわけじゃない。中学・高校時代にアニメで知り、まだ刊行途中だった原作の単行本を夢中で買い集めて読んでいたものだった。その単行本は実家に置いてきたのだが、久しぶりに読みたく…

京都・吉田神社の太元宮。

ちょいと文中に出てきたので、写真を載っけてみた。

寝台特急はやぶさ

写真は寝台特急はやぶさ。まあ見ればわかるか。

府中の森博物館。

残念ながら雨模様だったが、ここには屋内展示以外に屋外に多くの移築された建築がある。しかもこうした移築に大きな影響を与えていたのは、府中市に居を構えていた宮本常一だったそうだ。全然知らなかった。

寝台特急あかつきと島原鉄道の旅(その7:終)

下関で少し目を覚ましたけれど、すぐに眠りに就いた。やや疲れもあったせいか、けっこう熟睡していたようだった。目を覚ましたのは、西明石を過ぎたという車内放送再開の声だった。朝靄のなかに、明石海峡大橋の姿が見える。 その後車窓の景色を見ながらだら…

国境の島へ行く。

22、23日に仕事をこなしたあと、24日から国境の島である対馬へ行く。今回は全島を縦断するような感じの調査だった。4年前の調査で行った地域の「その後」を垣間見ることもできたし、新たなネタも見つけた。そして何より、美味しい魚や鶏を堪能できたのはよか…

寝台特急あかつきと島原鉄道の旅(その6)

鳥栖に到着。鳥栖では、熊本からやってきて待機しているなは号との併合作業が行われる。あかつき号はまず3番に入線。一度客扱いをしたあとすぐにドアを閉め、1番線に回送する。そして1番線で、なはの京都方にあかつきを連結し、(←京都方)あかつき・なはと…

寝台特急あかつきと島原鉄道の旅(その5)

あかつきは20:10に諫早着。甥っ子は、短い寝台特急体験を終え、ホームで出迎えてくれた家族のもとへ。そして僕はそのまま見送られて京都へと向かう。一人になったところで、少し車内を探索。 B寝台は、こないだ乗った銀河とほぼ同じ。 この洗面台は、確かソ…

寝台特急あかつきと島原鉄道の旅(その4)

夕方、実家で夕食を食べてから諫早駅に向かう。当初僕は諫早駅から乗車するつもりだったのだが、まだ小さな甥っ子なら料金がかからず乗せてやることができるので、乗車変更をして長崎駅から乗車することにした。諫早駅18:35発のかもめ35号で長崎に向かう。…

寝台特急あかつきと島原鉄道の旅(その3)

加津佐で妹一家と祖母の到着を待つ。姪っ子が途中で気分悪くしたらしく、少し遅れているとのことだった。そうして待っている間にも、僕は甥っ子の手を引いてキハ20撮影に集中(笑) そうこうしているうちに、一台の観光バスが到着。何だろうと思ったら、乗客…

寝台特急あかつきと島原鉄道の旅(その2)

5日は朝5時半頃始動。今回泊まったカプセルホテルはお風呂・サウナが入り放題なので、駅に向かう前にひとっ風呂浴びてシャッキリする。博多駅まで歩いて2分もかからなかった。昨日の晩、ここら辺を彷徨っていたのはいったい何だったのかという感じだ。博多駅…

旧長崎刑務所のその後。

ちょっと話は先に進むが、実家に帰る途中に旧長崎刑務所があるので、その後の状況を確認しに行った。その現状がこれ。正門の保存状況はとてもよいと思う。 ところが、旧庁舎部分の保存状況はこのような状況だった。 そしてあとは広大な空き地が広がるのみ。…

寝台特急あかつきと島原鉄道の旅(その1)。

仕事は相変わらず抱えたまんまなのだが、スケジュールをみると4日までと6日からという日程で短期の仕事が入っていた。ならば、ということで一計を案じ、廃止間近の寝台特急あかつき号の予約状況をサイバーステーションで調べてみた。すると、この時期なら案…

これは日本の江戸城桜田門。

菅浦の門。

夏に行った琵琶湖一周ツアーでの一枚。菅浦の門。菅浦は北近江の琵琶湖岸にある小さな集落。代表的な中世惣村の一つとして知られている。村の入口には門が建てられていて、今でもその門は維持されているのだが、これはそのうちの一つで、西門。この辺りは中…

旧長崎刑務所管理棟庁舎正面。

伝石田三成出生地。

姉川古戦場の写真は重複に気づいたので削除。で、かわりにアップしたのが石田三成出生地だという地に鎮座する八幡神社。五輪塔などの石塔群が残っていて、これが石田氏関連の遺物だと考えられているようだ。

急行「銀河」の方向指示幕

今年の3月に撮った写真。あの時は意外と乗ってたんだけどなあ。

彦根城天守。

写真は彦根城天守。9月の巡見の際に撮影。このアングルからの写真はあんまり見たことないので、ちょっと珍しいなと思ってアップしてみた。

琵琶湖を一周する。

今週は近江に巡見旅行に行く。安土城や大津の辺りには行ったことがあったんだけれど、近江の中世史跡を網羅的に見学したことはなかったので、またとない、いい機会だった。1日目は彦根からスタートし湖北をめぐる。まずは彦根城。今年は築城四百年祭で盛り…

荒川の河川敷。

写真は荒川河川敷。向こうに見えるのは川口のマンション群。実はフォトライフにアップしたやつとほとんど同じ構図なんだけど、いちおう別の写真。

堺・千利休屋敷跡。

6月に行った大阪・堺シリーズ。千利休屋敷跡。ここは空き地の隅になんかモニュメント的なものがあるだけだったが、それでも他の「史跡」に比べると「跡」としてはわかりやすいところだったな。

三島・桜川

実はこれは今回のじゃなくて、一昨年の写真。

旧香港上海銀行長崎支店。

この建物はもともと銀行として1904年に建てられたもの。異彩の建築家下田菊太郎による唯一残存する建築で、国の重要文化財に指定されている。この建物、一時は壊してしまうという計画が市で持ち上がったが、保存運動の結果保存・復元されることになった。長…

御書院の庭。

写真は再び、佐賀藩家老諫早家旧邸庭園。通称「御書院」の心字池。今考えると、こんな庭園のある高校って贅沢だったなあ。

旧佐賀藩家老諫早屋敷の御書院。

写真は僕の母校にある旧領主屋敷の庭園。諫早家は家老待遇で支藩ではなかったので、厳密に言えば「藩邸」ではない。しかし、僕が高校の頃まではもともとの「御書院」の礎石が残っていたのに、それは跡形もなく撤去されてたな。高校生の頃からこの礎石どうな…

渡月橋。

写真は嵐山の渡月橋。2日目の巡見はここからだった。

今回の写真は

青蓮院と京都駅、それに急行銀河。

菅谷館跡の空堀。

写真は、菅谷館跡の三の曲輪と西の曲輪とを隔てる空堀。ずいぶん細かく段を区切ってあった。この手前には復元された木橋がある。 *今日は短めのをいくつか。こういう風な更新もいいかもな。

六本木ヒルズ。

ドラマにちなんで、写真も六本木ヒルズ。ドラマでファンドのオフィスがあるところも六本木ヒルズかな。あるいは、品川の再開発の辺りかな。

東村山、正福寺地蔵堂。

一昨日は、渋る相方さんを無理矢理引っ張り出して、東村山の辺りにお散歩。まず、正福寺というお寺に。ここには、東京都内で唯一という国宝の建造物である地蔵堂がある。応永14年(1407)、室町時代初期の建立である。どうも同時代史料に乏しいらしく、はっ…

菅谷館本丸と二の曲輪とを隔てる空堀。

写真は、菅谷館の本丸(左手)と空堀。空堀は案外深さがある。本丸に入る土橋の付近から撮影。

武蔵嵐山・菅谷館跡の畠山重忠像。

というわけで、とりあえず、写真の第一弾はまず場内の土塁上に建立された畠山重忠像から。

EF58。

写真は、横川で保存されてるEF58。

旧国立駅舎

こないだ見たら、もう解体作業が始まっていた。この光景が、再び甦ることはあるのだろうか。

京都・吉田神社の大元宮。

こないだの京都学会旅行の際の写真。京大からほんとすぐのところにあるんだなあ。1601年(慶長6)の建築だそうで、重要文化財。しかし、これが神社かあと思うような、型破りな建築だよなあ。